2010年 11月 08日 ( 1 )

そろそろリセットかも

足し水で2年間維持してきたわけですが、硝酸塩濃度が下がらなくなってきました。
顕著な変化は水草の育ちが悪くなったことと、髭苔と赤い苔の発生、シアノバクテリウムでしょうか?先カンブリア時代の生き残りですね。硝酸塩濃度が高くなると発生するようです。
そんなわけで、今日も換水したのですが、硝酸塩は下がらず、亜硝酸も出てきました。水草の育ちが悪いので硝酸塩を吸収しきれていないんでしょう。この2年間水草をトリミングして捨てることによって排出していた窒素が出て行かなくなったのが痛いんでしょうな。
窒素はあるが、ソイルからの養分も出尽くしてほかの要素が足りなくなっているのか、A&Fは吸着系だから容量いっぱいになったのか?考えれば考えるほどわからん。
とりあえず不足要素を補完するために1年間添加していなかったハイポとメネデールを原液で0.2ml投入、リン酸とカリウム、微量金属を同時添加すれば窒素を食ってくれるだろう。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-08 22:47