カテゴリ:未分類( 22 )

ネオビームを点けてみた

カミハタのネオビーム10000Kを試してみた。
13w見にライトよりは格段に照度があるはずなのだが、周辺部が暗く感じる。スポットだから拡散しない上に中央部が眩しい為、対比としてなお暗く感じるのだと思う。演色性はやはり、蛍光灯のほうが良い、10000Kでは赤色光が少ないので赤系のものが白く色飛びしてしまうようだ。見て楽しむなら他の光源を併用したほうがよさそう、しかしながら、お手軽に使えるメタハラとして十分かなとおもう。さて、結構お高いので財布が寂しくなってしまった。45cm用のメイン照明は来月入手しようかな。
f0088115_20125679.jpg

[PR]

by marchbrown | 2010-11-22 20:14

ディープレッドホタルは憶病なんだよねぇ

モスの枯れ枝抜きとヘアグラスショートの移植をやったら前に出てこないんだよねぇ
餌くれダンスするのに餌やりするとひきこもるしw
f0088115_17574023.jpg


45cm水槽用ソイルと砂を入手、照明が悩みどころ、トニナ植えるならメタハラ
でも高い、でも欲しい、悩ましい
[PR]

by marchbrown | 2010-11-16 18:02

45cm水槽

アクロ45 999円だったので、つい衝動買いしたのは良いけれど、いまだ梱包も解かずに放置。
どうしようかなとおもいつつ、近くのお店を物色して本日は流木2個をかってきた。いや、でも、石組ってのもやってみたいなぁ。さてさて、どうしたものやらヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
[PR]

by marchbrown | 2010-11-15 16:36

栄養バランスが宜しくなったようです。

昨日の作業は
ハイポネックス開花用はN-P-Kが0-6-4、これに微量元素少々を原液で0.2cc添加、メネデールは二価鉄イオン、これを0.5cc添加。アルテルナンテラの新芽が出てきたのでひとまず安心か。あとはハイグロの差し戻し剪定とアンブリアの一部を植え替え。ヘアグラスショートを壺リウムから引っこ抜いて移植。
でもってコレ重要というものが蛍光管の交換w
2年間変えてなかったんです。普通の蛍光灯なら寿命が切れる=点灯しなくなるですが、水槽用の蛍光灯は光量がおちたら交換なんですね。とくに水草やってれば常識らしいですなぁガハハ、知らなかったorz
f0088115_22432778.jpg
道理で水草に元気がなくなる訳だ、前景のヘアグラスショートなんてオイラの額のように禿広がってしまった。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-14 21:46

バブルモス2年経過

こんな感じです。
今年の夏の水温上昇で多少ダメージを受けましたが、
マイイペースにヒョロリニョロリと生長しております。
気泡がなければ地味なもんです
f0088115_1545361.jpg

[PR]

by marchbrown | 2010-11-13 15:07

アクアリウム始めると釣りに行かなくなる

別に魚を飼っているからというわけではなく、ただ単に時間の使い方が変わってしまっただけの話なんですけどね。休みのたびにどころか通勤前、帰宅時にすら背広着たまま竿を握っていたんですよ。それが、めっきりと行かなくなってお肌が白いのなんのwおかげで長年培ったシミが目立ってしょうがない。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-12 22:03

相対性理論

アインシュタインのそれを理解する頭脳を私は持ち合わせていませんが、やくしまるえつこさんのウィスパーボイスに聴き入る感性は持っているようです。ふしぎデカルトなんかコミカルでいい歌で、つい口ずさんでしまうのですが、職場の人間に変な目で見られます。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-11 21:43

久しぶりの施肥による変化

ハイグロはハイポに対する反応が良いです。この間のトリミングのついでに頭頂の新芽を摘んでおいたのですが脇芽が彼方此方から出てきてます。水槽内の硝酸塩を相当吸収してくれそうです。アンブリアとグリーンロタラはまあまあ復調です。水草の大部分は復調しましたが、問題はアルテルナンテラ一度溶けかかったのを植えなおして根付いたんですが、苔の猛襲を跳ね返せず一進一退です。ダメ元で木酢液浴でもしてみるかなと考えております。
そういえば久しぶりにアクセス解析をのぞいてみたら、この不定期、気まぐれ更新のブログを見てる人がいるんですね。バブルモスの検索でご来店される方が多いようです。私のところのバブルモスは木端のような流木を這うように生き残ってます。CO2添加もせず、低光量なので気泡は付けておりませんが、地味に水槽を彩っています。我が家のバブルモスは這い性なので活着させるより、水中に漂わせて楽しんだ方がきれいかもしれません。次回の休みにでも画像を掲載してみます。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-10 23:17

そろそろリセットかも

足し水で2年間維持してきたわけですが、硝酸塩濃度が下がらなくなってきました。
顕著な変化は水草の育ちが悪くなったことと、髭苔と赤い苔の発生、シアノバクテリウムでしょうか?先カンブリア時代の生き残りですね。硝酸塩濃度が高くなると発生するようです。
そんなわけで、今日も換水したのですが、硝酸塩は下がらず、亜硝酸も出てきました。水草の育ちが悪いので硝酸塩を吸収しきれていないんでしょう。この2年間水草をトリミングして捨てることによって排出していた窒素が出て行かなくなったのが痛いんでしょうな。
窒素はあるが、ソイルからの養分も出尽くしてほかの要素が足りなくなっているのか、A&Fは吸着系だから容量いっぱいになったのか?考えれば考えるほどわからん。
とりあえず不足要素を補完するために1年間添加していなかったハイポとメネデールを原液で0.2ml投入、リン酸とカリウム、微量金属を同時添加すれば窒素を食ってくれるだろう。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-08 22:47

初の30cm水槽から2年

2008年12月にアクアリウムとやらを初めてもうすぐ2年経過
立ち上げ時に使用したのはテトラの30cm水槽セットとA&Fソイル
ソイルは大部分形状を保っていますが、立ち上げ時に作った傾斜はまっ平らになっています。
粒がそろってて軽いので崩れちゃうんですかね。
生体はディープレッドホタルとミナミの子孫、クラウンテールのベタ、スネール少々です。
他の皆さん方は水槽に溶けてしまいました。
水質は硝酸塩濃度以外は問題なし。
[PR]

by marchbrown | 2010-11-01 13:25